「垂れ乳や離れ乳」を予防するバストのエイジングケアは先手必勝で!

 


バストはボディの中で、最もエイジングケアが大切なパーツ
だと
あなたは知っていますか?

 

突然ですが。。。このショッキングな写真をご覧ください

バストの加齢による垂れ乳、離れ乳現象

出典:ワコール人間科学研究所

 

これは、私がバストのお手入れに真剣に取り組むきっかけをくれた
20代から加齢とともにバストが変化する様子を克明に記録した写真です。

 

最初にデコルテがスカスカになって胸が下垂。
次に横に広がり出して、離れ乳&垂れ乳に至る。

この流れがしっかりイメージで伝えられていますよね。

 

バストはボディパーツの中でも、最も衰えが激しい



エイジングケアと言うと、誰でも最初に思い浮かぶのはですね。
ところが、実は最もエイジングケアが必要なのはバストなんです。

 

早い人は20代から劣化してしまうそうで
一度形が崩れてしまったバストは
「原則的には、二度ともとに戻らない」とも言われています。

 

この「もとに戻らない」。。。って部分は
個人的に、そうでもない気がしますけれど。。。☆

 

因みにトリンプ・インターナショナル・ジャパンによる
【バストの下垂に関する意識アンケート調査】では

 

「以前に比べてバストが下がってきたと感じま すか?」という問いに対し
全体の約6割にあたる55.3%の人が「下がってきたと感じる」と回答したそうです。

 

年代別にみると
20代 38.0%
30代 62.5%
40代: 65.5%

 

既に20代で約4割の女性が、胸の衰えを感じている訳ですね。
何だか、気分が落ちてしまいますが。。。

 

4人に1人の女性は年齢を重ねてもほとんど変わらない美乳をキープ

 

ところがですね、実はもう一つバストのエイジングケアに関して
面白いデータがあるんです。

 

ワコールの人間科学研究所のデータによると
4人に1人の女性は年齢を重ねてもほとんど変わらない
美乳をキープできているそうなんですよ。
つまり
適切なケアを行えば、垂れ乳や離れ乳の問題は
回避できることになります。

 

 

そのデータを保証するように、下着コンシェルジュの大鳥居舞さんが

 

「日ごろからお手入れをしていれば
女性のバストはいくつになっても綺麗な状態を保てる」

 

と言っていて、女性らしいバストを大切にキープしたければ
20歳過ぎたらバストのお手入れを意識的に行うこと
を提唱されています。

 

 

 

年齢と関係なくバスト美人でいるためにも、日々のお手入れを大切に♪

 

結論として、垂れ乳や離れ乳を起こさないために大事になるのは
とにかく地道なお手入れを続けることです。

 

バストの90%は脂肪で出来ていて、その脂肪は水のように流動します。

 

だからこそ、バストはほったらかしていると
お肉がどんどん周りへ散らばって貧乳になり、形を崩しますし

 

お手入れを積み重ねていけば
周りから胸へお肉が集まって豊かに美しくなるんです。

 

 

「胸はケア次第で確実に変わっていくパーツ」
ということは、エキスパートが共通して述べていることですから

 

 土台となる筋肉をエクササイズで鍛える

 リンパドレナージュで老廃物を流す

 乳腺マッサージでハリを持たせる

 育乳ブラでバストにお肉を集める

 

こうした毎日の積み重ねをとにかく大切にしましょう。
そうすれば、ボディは確実に美しくなります^^。

 

 

それにバストのエイジングケアには見た目を美しくする効果だけでなく
健康効果も期待できますので、是非試してくださいね。

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます^^。

当ブログが少しでもお役に立てましたら
 こちらのボタンを押して頂けますと

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ

とても嬉しいです^^。

 

 

コメントを残す




CAPTCHA